ホーム / メディアセンター / ケーススタディ

Coolpo PANAは全ての期待に応えてくれる

農林中央金庫

はじめに:

農林中央金庫は、農林水産業 者の協同組織を基盤とする全 国金融機関として、JA(農 協)、JF(漁 協)、JForest(森組)など会 員のみなさまのために金融の 円滑を図ることにより、農林 水産業の発展に寄与し、もっ て国民経済の発展に資すると いう重要な社会的役割を担っ ています。

概要:

コロナウイルスの原因で、人々の生活に大き な影響を与えているだけでなく、大部分の 人々 の仕事ぶりも変化している。現在では自 宅勤務、リモートワークがほとんどの人の通 常モードとなっています。しかし、この仕事 のスタイルには、一連の問題が伴っています。

成果:

発言者を的確に捉えることができるし、画面に素早く反応し発言者を自働に

詳細:

コロナウイルスの原因で、人々の生活に大き
な影響を与えているだけでなく、大部分の
人々 の仕事ぶりも変化している。現在では自
宅勤務、リモートワークがほとんどの人の通
常モードとなっています。しかし、この仕事
のスタイルには、一連の問題が伴っています.
まず, 伝統カメラが実際のビデオ会議で使う
の不便さ。たとえば会議のたびに会議室に
ノートパソコンを持ち寄って、技術部門では
無駄な作業が増えてしまいます。参加者のコ
ンピュータネットワークに問題があったり、
カメラ/マイクが機能していなかったりといっ


た通常の問題が発生してしまいます。以前はテレビ会議が頻繁に行われな
くても我慢できた問題だったが、今は毎日のように向き合うことになるか
もしれません。たとえば、参加者が発言しているときに、相手が誰が話し
ているのかピンと来ないことが多く 、コミュニケーションに時間がか
かってしまうなど⋯。これらは、会議の効率や質に悪い影響を与えます。
こうした問題を解決するために、農林中央金庫はCoolpo PANAという
360°一体化のスマートテレビ会議装置を選びました。
「発言者を的確に捉えることができるかどうかが、私たちにとって最も
重要なことです。」農林中央金庫の
白石様と言ってくれました。
画面に素早く反応し発言者を自働に
キャッチし、頻繁な変化が可能な
Coolpoカメラに驚きを感じたとい
う。多人数の会議であっても、会議
の参加者を360度表示することが可能。
また、参加者ひとりひとりの表情を
はっきりと確認することができます。